大きくてファンタジーな気持ちのブログ。

・・・女子が巨大化するシチュ好きなサイズフェチ&筆者 男子。巨大女子について、日々見つけた事柄を綴って行きたいと思います。ブログの更新は、ジオラマを造っている感覚です。時々(・・・割と頻繁に)巨大女子に壊されてしまいます・・・が、またつくります。。。時々、ブログの中に、冷静で客観的で、気持ちも含めていろいろな大きい女子(巨女、巨大女子、巨大娘、giantess、GTS、女性の巨人)が、わたしgiantessvideoの感情的なテキストをツッコんでくれます。彼女達は、とってもかわいい〜♪(「・・・。(照)」

GIANTESSでライトなストーリーを作ってみました! I made a light story out of GIANTESS!

【巨大な女性が表紙のプラモデル!?雑誌】

今度、プラモデルの雑誌が発刊されるらしいのだが、他の雑誌とは本当に異なっているところは精緻なプラモデルを作ってから、女性が粉々に壊すところまでをストーリー仕立てに仕上げているコンセプトにしているところだ。今までには存在しなかったので、巨大女子フェチ向けの方にとっては一縷の希望の雑誌となりそうだ。

そのため実際に発売されているものとは違い、かなりクオリティの高いものになっており、模型好きにもたまらない内容となっているようだ。

さらにさらにもう一つの特徴として、この表紙の女性モデルは実際のモデルさんを起用して、プラモデル好きな男性の雑誌スタッフが渾身をこめて一生懸命に作った細かい部品を組み合わせて作ったプラモデルを女性モデルがミニチュアのジオラマを背景に粉々にゆっくりと壊していく流れを撮影を行っているらしく、撮影中の様子を撮影した動画なども公開されているのでぜひ一度見てほしいところだろう。

『それでは早速ですが、撮影開始していきたいと思います!』というスタッフさんの掛け声とともに撮影が開始された。

「はい、ではまずこちらのシーンからです!」

「分かりました」

そういうと彼女は、カメラの前に立ってポーズを取り始めた。ちなみに彼女の身長の想定イメージとしては、およそ2kmありその大きさに見合った迫力のあるポーズを取る彼女にカメラマンさんたちも思わず、カメラの液晶を前に見とれてしまっていたようだった。しばらくして我に返ったカメラマンさんは慌ててカメラを構えなおすと再び彼女へとカメラを向けたのだった。その後の撮影は順調に進んでいき、最後の締めとなるラストシーンの撮影となったのだ。最後のシーンは、彼女がプラモデルを

「そぉれっ!!」

と言いながら一気に握りつぶすというものだった。そして、彼女の手からプラモデルの頭部などがジオラマの地面にこぼれ落ちる。そして巨大な彼女は脚を振り上げ

るとそれを勢いよく踏みつけたのだった。その様子はまるで子供が遊んでいるかのように無邪気な姿だった。そして最後に、崩れた建物の瓦礫の山を背景にポーズを撮った写真が今回の表紙に使用されることになったのだ。こうして出来上がった雑誌は、発売前から話題になり予約が殺到したのだが、あまりの人気のため急遽増産されることとなったほどだった。


彼女がコメントで締めて、今日の撮影は終了したのだ。


皆様、こんにちは〜!今日は私の表紙の雑誌が発売されるので宣伝です!!実は私って昔から特撮とかが好きで、特に怪獣映画が大好きなんです!なので今回の巨大女役を務めることが決まったときはすごく嬉しくてたまらなかったんですよねぇ〜。それに今回の表紙は、スタップさんだけではなく、なんと私自ら関わって作ってみたんですよぉ〜!しかも超精密に細部までこだわってね♪それでこれがその実物の写真なんですけどどうですか?結構リアルにできてると思いません?それで今回私の特集も載っているのでよかったら読んでくださいね〜?そうそうそれと今回は、特別にインタビュー記事なんかも載ってたりするのでぜひ買ってみてくださいね?それじゃあ、またお会いしましょう!!

あとそれともう一つ大事なことがあるんですけど、来年の夏頃にも私が出演する予定の映画が出るみたいなのでそちらの方もよろしくお願いしま〜す!!

 

・・・皆さんこんばんは〜!!さて今回も前回の続きをやっていきたいと思います〜。前回は街を壊しましたよね?それで今回はどんなシチュエーションなんでしょうか?

「えーみなさん本日は私の番組にお越しいただきありがとうございます!さっそく始めさせていただきます。さて今日行っていただく場所はどこだと思いますか?ヒントはここ日本です♪」そう答えてくれたのは今回のゲストの女性のアナウンサーでした、それにしても日本のどこかかぁ・・・うーん、わからないですね〜?そうしていると突然彼女が手を挙げたかと思うと・・・ドンッ!!!ズドォォンッ!!!っと大きな音がなり、驚いて振り向くとさっきまでそこにあったビル群が跡形もなく消え去ってしまっていたのだ!突然のことで私は言葉を失ってしまった。一体なぜこんなことが起こったのか・・・もしかしてさっきの音は彼女の手のひらが地面に激突した音だったのかもしれない・・・そんなことを思っているうちに彼女が話しかけてきたのだった。彼女はにっこりと笑いながらこう言ったのだった・・・。

 

 

●In English…

 

[Plastic model with a huge woman on the cover! Magazine]


A plastic model magazine is about to be published, and what makes it really different from other magazines is that it is based on the concept of creating an exquisite plastic model and then having a woman break it into pieces, all in the form of a story. Since this magazine has never existed before, it seems to be a magazine of hope for those with a fetish for giant girls.

Therefore, unlike what is actually on the market, the quality of the magazine is quite high, and it seems to be very appealing to model lovers as well.

Yet another feature of the magazine is that the female model on the cover is an actual model, and the female model is slowly breaking a plastic model made by combining small parts that the male magazine staff who love plastic models put their best efforts into, into pieces against the backdrop of a miniature diorama. The process of filming the plastic models is being filmed, and a video of the filming is available for your viewing pleasure.

The staff called out, "Let's start filming right away! The filming began with the staff saying, "Okay, let's start filming.

Okay, let's start with this scene!

I understand.

She then stood in front of the camera and began posing for the camera. The photographers seemed to be gaping at the LCD screen of the camera as she struck a powerful pose that matched her height of approximately 2 kilometers. After a while, the cameraman came to his senses, hurriedly readjusted his camera, and pointed it at her again. The shooting went smoothly after that, and it was time to shoot the last scene, which would be the final scene. The final scene was shot with her holding the plastic model and saying

She squeezed the plastic model in her hand and said, "That's it!

and squeezed it all at once. The plastic model's head and other parts spilled from her hands onto the ground of the diorama. Then she raised her leg and stomped on it vigorously.

She then raised her leg and stomped on it vigorously. She looked as innocent as if she were a child playing. Finally, the photo of her posing against the rubble pile of the collapsed building was chosen to be used for the cover of this issue of the magazine. The resulting magazine was a hot topic of conversation even before its release, and reservations poured in, so much so that the magazine was hurriedly increased in production due to its popularity.


The day's shooting ended with her closing comments.


Hello everyone~! I'm here today to promote the release of a magazine with me on the cover! Actually, I've always loved special effects and monster movies in particular! So when I was chosen to play the role of the giantess, I was so happy! And I was involved in making the cover myself, not only with Mr. Stapp, but also with myself! And this is a picture of the real thing. Don't you think it looks pretty realistic? And this time, I'm featured in the article, so please read it if you want to know more about me. Oh, yes, and there's also a special interview with me in this issue, so please do buy it! Well then, see you again!

Also, I have one more important thing to tell you...there is a movie coming out next summer in which I will appear, so please look out for that as well!


...Good evening everyone! Well, this time I would like to continue where I left off last time. Last time we destroyed the city, right? So what's the situation this time?

Well, thank you all for coming to my show today! Let's get started right away. Now, where do you think we are going to go today? The female announcer, who was our guest this time, answered, "Here in Japan. Then all of a sudden she raised her hand and... Boom! ZDOOM!!!!!!! I turned around in surprise to find that the buildings that had been there a moment before had vanished without a trace! The suddenness of the event left me speechless. How in the world did this happen... Perhaps the sound I heard earlier was her palm hitting the ground... As I was thinking this, she started talking to me. She smiled and said....


DeepLで翻訳しました (https://www.deepl.com/app/?utm_source=ios&utm_medium=app&utm_campaign=share-translation

 

 

わからせ巨娘メイドちゃん (1) (バンブーコミックス)

LOVE the GIANTESS !!

(好きです!)

 

 

スタートラインをつけてみた the GIANTESS

 

YouTubeで見つけました。

● 好きな感じ !!

いつもの感じで、このバランス感覚で行こうという感じで !! from わたしgiantessvideo

 

● 最近で進行中

結構好きな感じにできました !! いろいろなものも気にかかってくるけれども、明るくてパワフルそうな〜。from わたしgiantessvideo

 

ジオラマでのショットを重ねていたら、なんとマスクの回でブレるという流れからのマスクによる現実へのなんだか不思議なドライブ感、1次に触れ合うのが画面上としたら、2次的な、頭の中で繰り出される感覚でした。こういうのは自分の頭の中でなかなか感じることができなかったけど、すごい !! しばらく頭の中に残っていますアイズワイ from わたしgiantessvideo

 

●完成しない!?巨大女子主人公のストーリー展開のプロット01 from AIのべりすとから一部

このドラマ自体は好評を得て続編の制作が決定しており、近々公開される予定となっている。この話を聞いた監督は、彼女にぜひとも協力してほしいことがあるとしてオファーを出したのだった。その内容とは、ドラマに登場するキャラクターの1人である巨大女役を演じてほしいというものだったのだ。それを聞いた彼女は二つ返事で了承したという。もちろん最初は驚いたそうだが、これも何かの運命だと思い、引き受けることにしたのだそうだ。

そして、ついにこの日がやってきたというわけだ。

さて、これから一体どんな展開になるのか……。実はと言うと

「あのぉ……ちょっといいですか?」
「はい、何でしょうか?」
「その……本当にいいんですかね……?こんなことをしても……」
「ええ、大丈夫ですよ!だって私は、正義のために戦っているんですから」
「そ、そうですか……分かりました!それでは、お願いします!」

スタッフの一人が不安そうに尋ねるものの、自信満々な様子の彼女を見たことで安心したようだ。その後、スタッフが合図を出すと、ステージ上のスクリーンの映像が変わった。そこに映っていたのは、巨大な女性が街を破壊しながら歩く姿だった。それを見た観客たちは歓声を上げると共に盛り上がりを見せていた。
さて、ここからどのように物語が展開されていくのだろうか……。続きは本編にてお楽しみください。

 

いよいよ、撮影が始まった。舞台となるのは大きな都市なのだが、そこには数多くの建物が存在していた。それらを全て破壊しながら突き進む彼女の姿はまさに破壊神と呼ぶにふさわしいものだった。その迫力に圧倒されたのか、建物の中から次々に

・・・続かない

 

 

わからせ巨娘メイドちゃん (1) (バンブーコミックス)

うる先生〜、おめでとうございます !! the GIANTESS

(巨大女子フェチとしては、ついにこの日が来た〜〜♪という重いでいっぱいですw)

 

 

AIのイラスト the gigantic GIANTESS !!

 

巨大女子という展開が埋没してしまうくらいに巨大に膨らみすぎる〜  !! from わたしgiantessvideo

しんこう2・・・ますます巨大女子はしんこうしていく、そして君の胸の中にしんこうしてゆく〜 !! ある一面noLOVE from わたしgiantessvideo

 

今日はいつもの逆です。

ちっちゃい島のでっかいガール(3) (コミックDAYSコミックス)

ちっちゃくてもおおきくても、あなたとわたし違くても、非現実も現実もごちゃまぜにどんどんprogress the GIANTESS !!

(そこ、底にはLOVE❤️がきっと)

りんごウーマンからGIANTESSを連想してみる。迫力について。

 

YouTubeで見つけました。

● この感じの迫力、好きすぎる !!

スローモーションもGIANTESSフェチ・巨大女子フェチまではいかないけど、元気で適度な迫力。from わたしgiantessvideo

 

・・・赤といえば、こんな感じの巨大な展開も !? と勝手にわたしは。from わたしgiantessvideo

 

【1月15日頃発送開始】青森県産りんご 王林 Aクラス 5kg箱入 青りんご アップル 期間限定 産地直送 リンゴ 【予約期間:12月22日注文分まで】

Big APPLE the GIANTESS !!

(LOVELY LY!!)